トヨタ、コロナ禍でも増益

21年3月、純利益2兆円超

© 一般社団法人共同通信社

トヨタ自動車本社=愛知県豊田市

 トヨタ自動車が12日発表した2021年3月期連結決算は、純利益が前期比10.3%増の2兆2452億円と増益となった。売上高は前期比8.9%減の27兆2145億円。主力市場の米中での販売回復やコスト削減などが寄与し、新型コロナウイルス禍でも増益を確保した。

 同時に発表した22年3月期の連結業績予想は、売上高が前期比10.2%増の30兆円、純利益が2.4%増の2兆3千億円を見込んだ。新型コロナによる打撃からの順調な回復基調を反映した。

 22年3月期のグループの販売台数見通しは1055万台を見込んだ。前期実績の992万台を上回る。

オンラインで記者会見するトヨタ自動車の近健太最高財務責任者=12日午後