【祝10周年】「ゲーム・オブ・スローンズ」を今からでも観るべき5つの理由

©株式会社AXNジャパン

海外ドラマファンであれば当然名前は聞いたことがある超有名タイトルの「ゲーム・オブ・スローンズ」。実際に視聴したことはありますか? この記事では、まだ「ゲーム・オブ・スローンズ」の世界に踏み出せてない皆様に、今からでも観るべき6つの理由をご紹介します。

1.レビューは裏切らない!海外ドラマ史上最も愛された作品の1つ

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMjI5ODkzNDQyNF5BMl5BanBnXkFtZTgwNDQ5MjYzNzM@.V1.jpg

世界中のレビューが集まるIMDBにおいて、海外ドラマ(TVシリーズ)で圧倒的な高評価を得ている作品が、この「ゲーム・オブ・スローンズ」です。
そのレーティングは驚異の9.2!

ストーリーを完結させやすく、比較的評価が高くなりやすいミニ・シリーズに比べて、複数シーズンを持つ作品でレーティング9以上をマークすることは至難の業。

通常のTVシリーズでレーティング9以上は、「ブレイキング・バッド」、「SHERLOCK(シャーロック)」などほんの一握りの作品のみです。

またレビュー投稿数は全TVシリーズの中で1位!
まさに最も多く愛され、評価された作品と言っても過言ではないでしょう。

ゲーム・オブ・スローンズ

原題:GAME OF THRONES

アメリカ/イギリス

more

2.圧倒的な予算で製作されるハイ・クオリティな映像がすごい

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMTQyMjMzMDIxOV5BMl5BanBnXkFtZTcwODU2ODg5NA@@.V1.jpg

海外ドラマはよく日本のドラマと予算が違うからクオリティ高いよね、という話は巷でよく耳にしますが、実際「ゲーム・オブ・スローンズ」ではけた違いの金額になっています。

シーズン6までで1話10億円以上、最終シーズンの8では1話20億円以上とも言われています。
もはや1本の映画並みですね。

日本のドラマは1話数千万が相場ということなので、そうなるとクオリティの差は歴然。
充実のキャスト陣、こだわりのロケやセット、緻密な脚本、演出など、圧倒的なクオリティの映像はやっぱり観ていると充実感があります。

3.世界のアワードで〇〇回受賞!世界が認めたシリーズ

LOS ANGELES, CA - SEPTEMBER 17: (L-R) Nikolaj Coster-Waldau, Peter Dinklage, Conleth Hill, Emilia Clarke, Gwendoline Christie, Isaac Hempstead Wright, Jacob Anderson, Nathalie Emmanuel, Liam Cunningham and Kit Harington of 'Game of Thrones' attend the 70th Emmy Awards - Press Room at Microsoft Theater on September 17, 2018 in Los Angeles, California. (Photo by David Crotty/Patrick McMullan via Getty Images)

なぜ〇〇回としたかというと、あまりにも多すぎて、正確な数値がどこにも出ていないからです。

海外ドラマの最高峰アワードと称されるエミー賞においては、8シリーズ合計で59部門で受賞しています。
これは公式情報なので間違いないと思いますが、何度か数えなおさないと間違うレベルですね。

当然、こんなに多くの賞を受賞したTVシリーズはほかにありません。

4.「ゲーム・オブ・スローンズ」出身のキャストたちが大活躍!

LOS ANGELES, CALIFORNIA - SEPTEMBER 22: Maisie Williams attends the HBO's Post Emmy Awards Reception at The Plaza at the Pacific Design Center on September 22, 2019 in Los Angeles, California. (Photo by David Livingston/Getty Images)

本作でデナーリス・ターガリエン役を務めたエミリア・クラークは、一躍人気女優となり、その後「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」など多くの映画にも出演しました。

ジョン・スノウ役キット・ハリントンは2021年公開予定のマーベル映画「エターナルズ」でブラック・ナイト役を演じる予定です。

そのほかにも、メイジー・ウィリアムズやピーター・ディンクレイジ、ソフィー・ターナーなど多くの俳優が映画やTVシリーズに出演、活躍を続けています。

多くのスター俳優を輩出した「ゲーム・オブ・スローンズ」で、彼らのブレイク前の姿をチェックしてみましょう!

5.スピンオフ作品が続々!まだまだ続く「ゲーム・オブ・スローンズ」の世界

スピンオフというと普通、あるキャラクターに絞って1本作られることを想像していますが、「ゲーム・オブ・スローンズ」はさすがレベルが違う!
本記事執筆時点で、すでに5タイトルの企画が進行していると明かされています。

最も具体的に進んでいるのは、本作の300年前の時代を舞台に、ターガリエン家の栄光の時代を描く前日譚「House of the Dragon(ハウス・オブ・ザ・ドラゴン)」。

「ゲーム・オブ・スローンズ」の公式Twitterで撮影が開始されたことを紹介されており、多くのファンを喜ばせてくれました。
2022年にHBO MAXで配信開始ということで、日本への上陸も確実です。

スピンオフ作品を楽しむためにも、ぜひ「ゲーム・オブ・スローンズ」の世界をのぞいてみてください!