ファラデー社がUMC 28HPC+の16GプログラマブルSerDesを発表

©ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社

台湾・新竹--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 最先端ASIC設計サービス及びIPを提供するファラデーテクノロジー社(TWSE:3035)は本日、UMC 28nm HPC+プロセスで16GプログラマブルSerDesの提供を開始したと発表しました。この新しいSerDesソリューションは、現代の民生及びネットワーキング向けのアプリケーションで一般的な高速インターフェースの複数のプロトコルをサポートします。このSerDesアーキテクチャーはPCB設計を容易にし、PCIe Gen4の場合には、Retimer要件を低減することでBOMコストを引き下げます。

ファラデー社は、2013年から信頼できる高品質のSerDesソリューションを提供してきました。ファラデー社のSerDesファミリーのこの最新製品は、全二重ハイパフォーマンスオペレーションをサポートし、銅線、バックプレーン、光ファイバーの経路で使用される幅広い相互接続プロトコルで35dBの挿入損失でPMA最大16Gbpsに対応します。サポートパッケージとして、ファラデー社は評価ボードと開発キットを提供し、ユーザーによる設計検証を容易にしています。

ファラデー社の16GプログラマブルSerDesソリューションは、PCIe Gen4、10G/40G Base-LR/LR4、10G Base-KR、JESD204bを含む複数のプロトコルに準拠しています。IPは、Sym/Asym GPON、Sym/Asym 10GPON、Sym EPON、Sym 10GEPONを含むxPON ONUとOLTのアプリケーションをサポートしています。

ファラデーテクノロジー社のフラッシュ・リン最高執行責任者(COO)は、次のように語っています。「当社は、競争力のある16G SerDesソリューションを提供できることをうれしく思います。これは、当社顧客が多様なアプリケーションに事業を拡大する助けになると考えています。更なるメリットとして、フリップチップとワイヤボンディングのパッケージを選択でき、SerDes IPは企業向け製品でも民生向け製品でも利用できます。当社は、このソリューションが性能、コスト、商品化期間削減の点で市場の需要を満たすことができると確信しています。」

ファラデー社の御紹介

ファラデーテクノロジー社(TWSE: 3035)は先進のファブレスASICおよびシリコンIPのプロバイダーです。なお、ファラデー社は、ISO 9001及びISO 26262の認証を取得済です。当社の幅広いIPポートフォリオにはI/O、セル・ライブラリ、メモリ・コンパイラ、ARM互換CPU、DDR2/3/4、LPDDR1/2/3(ローパワー)、MIPI、V-by-One、USB 2.0/3.1 Gen 1、10/100/1000イーサネット、シリアルATA、PCI Express及びプログラマブルSerDesなどが含まれます。台湾に本社を置くファラデー社は、米国、日本、ヨーロッパと中国を含む世界にサービスおよび技術サポートの拠点を持っています。詳細はwww.faraday-tech.comにアクセスするかリンクトインでファラデー社をフォローして下さい。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Evan Ke
+886.3.578.7888 ext. 88689
evan@faraday-tech.com