マカオ名物アーモンドクッキーの自販機が登場…タイパフェリーターミナルに初設置

©大航海時代新聞出版社有限公司

タイパフェリーターミナルに設置された「澳門咀香園餅家」の土産菓子を販売するスマート自販機(写真:APE)

 マカオでスマート自販機ブランド「SNAP BUY」を運営するアジアパイオニアエンターテイメント(APE)社は5月12日、100年近い歴史を持つマカオの土産菓子大手「澳門咀香園餅家(チョイヒョンユェンベーカリー)」と組み、マカオ名物として知られるアーモンドクッキーなど各種土産菓子を取り扱う自販機をリリースしたと発表。

 初めての設置場所となったのは香港や広東省沿岸都市との高速船が発着する24時間運用の国際港、タイパフェリーターミナル。

 自販機の稼働時間は24時間で、複数の電子決済にも対応するとのこと。

 近年、マカオでも様々なものを販売する自販機が増えてきている状況。マカオらしいデザインをあしらった土産物、プリペイドSIMカード、交通系ICカード「澳門通(マカオパス)」のほか、コロナ禍ではマスクなどの防疫グッズの販売に特化したものも登場している。