わしたショップが19年古酒を割引販売 日本復帰30周年記念で貯蔵

©株式会社琉球新報社

 沖縄県物産公社は15日から、県内外の「わしたショップ」で販売する古酒「てぃんがーら」を割引販売する。31日まで。

 てぃんがーらは、2002年に沖縄の日本復帰30周年を記念して貯蔵を開始した泡盛で、今年で19年古酒になった。公社が県内6酒造所から泡盛を集めて那覇市内で貯蔵し、共通のラベルで販売している。

 1800ミリリットル瓶が1万6500円を1万2千円、720ミリリットル瓶を8800円が6千円、360ミリリットル瓶が4400円から3千円(いずれも税込み)になる。

 販売は「わしたショップ」のみで、県内2カ所、県外5カ所に展開している。同公社の渡久地政和店舗統括課長は「来年の日本復帰50周年に向けて、古酒の魅力を広めていきたい」と語った。