中国ウィーライドが新たに資金調達、企業評価額33億ドル

©ロイター

[北京 13日 ロイター] - 中国の自動運転スタートアップ、ウィーライドは13日、企業価値評価額を33億ドルとする資金調達を実施し、数億ドルを確保したと発表した。詳しい調達規模は公表していない。

ウィーライドは日産自動車、仏ルノー、三菱自動車の3社連合が出資している。米カリフォルニア州と中国の広州市および鄭州市で自動運転車の公道試験を実施している。ほとんどの状況下で完全自動運転が可能になる「レベル4」を目指している。

広州市に本社を置く同社は発表文で、IDGキャピタルやホメリックキャピタルが直近の資金調達ラウンドの出資者に含まれたと明らかにした。

ウィーライドは1月に3億1000万ドルを調達した。