“ネット弱者”コロナワクチン予約難航 熊本県内自治体、対応に苦慮  「パスワード難しい」「ホームページ何?」

©株式会社熊本日日新聞社

山鹿市が健康福祉センターに設けたインターネット予約の代行窓口。市内6カ所に計180人が訪れた=同市

 新型コロナウイルスワクチン接種の予約に際し、熊本県内の各自治体はコールセンターに電話が殺到することを避けるため、インターネットでの予約も呼びかけている。ただ、現在予約を受け付けている高齢者の多くは“ネット弱者”。ネット予約を支援する自治体も出てきたが対応には限界があり、予約を巡る混乱が続いている。

 「パスワードは私が書いておきますので、大切に保管しておいてくださいね」

 12日午前9時すぎ、一般高齢者の予約受け付けを始めた山鹿市の健康福祉センター。職員が訪れた人の接種券番号などを予約専用サイトに入力し、手続きを進めていた。

 同市はネットに不慣れな高齢者のニーズを想定し、予約を代行する窓口を市有施設6カ所に設置、職員計60人を配置した。来庁者が殺到しないよう事前告知はしなかったが、笠野明さん(75)は「高齢者にはパスワードなんて難しい。対面で手続きできてよかった」とほっとした様子だった。

 今月から本格化したワクチン接種の予約を巡っては、各自治体でコールセンターがつながりにくい状態となり、高齢者からの不満が噴出。自治体はネット予約への誘導を図るが、ホームページが分かりにくかったり、「そもそもホームページが何なのか分からない」といった声も寄せられるなど、ネット弱者への対応が課題となっている。

 7日に予約を始めた合志市も、電話やネットでの予約が難しい人のため市役所に窓口を設置。同市も告知しなかったものの口コミで広がり、週明けの10日には約80人が市役所に詰め掛けて混乱した。

 ネットは受け付け開始から3時間、電話も10日午前10時に埋まっており、訪れた男性(72)は「ネットなんか使いきらん。役所に行けば予約できると聞いて来たのに、間に合わんかった」と憤る。

 市は「このままでは市役所に殺到してしまう」と第2期の予約までに受け付けを見直す方針。ただ、「『ネットのやり方が分からない』と来庁した人を追い返す訳にもいかない」と頭を悩ませている。

 一方、ネットを導入せず、“アナログ”を選んだ自治体も。天草市は接種券を発送する際、申込書と返信用封筒を同封し、高齢者が接種を希望する医療機関を把握。接種日時は医療機関が本人に伝えている。「高齢者はネットに不慣れなため、書類を使った方法を選択した」と担当者。

 約3万3千人に申込書を送り、4月末までに約2万8千人から返送があったが、「予約の電話も不要なので、混乱はなかった」。64歳以下についても同様の方法を取る予定だが、「今後は若い世代も対象に入ってくるので、ネットの併用も検討したい」としている。(猿渡将樹、久保田尚之、深川杏樹)