街角景気、9.9ポイント下落

4月の指数、3カ月ぶり悪化

© 一般社団法人共同通信社

大型連休初日の東京・浅草の仲見世商店街。シャッターを閉めた店が目立った=4月29日午後2時

 内閣府が13日発表した4月の景気ウオッチャー調査は、街角の景気実感を示す現状判断指数が前月比9.9ポイント下落の39.1となり、3カ月ぶりに悪化した。