カレーはハウスメーカー 七呂建設、鹿児島黒豚使ったレトルト発売 1500棟達成記念で

©株式会社南日本新聞社

七呂建設が発売した鹿児島黒豚のレトルトキーマカレー=13日、鹿児島市石谷町の同社ショールーム

 住宅メーカーの七呂建設(鹿児島市)は累計1500棟達成を記念し13日、自社特製の黒豚レトルトカレーを発売した。家族の絆を強める家造りを進める同社は「家族団らんのきっかけも提供したい」と力を込める。

 「鹿児島・黒豚プレミアムなキーマカレー」(200グラム、550円)。特産の黒豚ひき肉をたっぷり使い、10種類以上のスパイスを配合した。素材のうまみを凝縮し、辛さ控えめながら風味を生かしたカレーに仕上げた。

 東京の民間機関「カレー大學」で研修した社員を中心に開発チームを立ち上げ、2018年にルーを発売した。今回は第2弾。石谷町のモデルハウスでお披露目があり、七呂恵介社長(44)は「黒豚のうまさを引き出せた。家族で仲むつまじく味わってほしい」と話した。

 1500棟目の住宅でセレモニーもあった。同社は07年に1棟目を建てて以降、建築棟数は右肩上がりで、新築戸建て完成棟数は18年度211棟、19年度226棟で2年続けて県内首位に立っている。

 カレーは同社ショールームやホームページで購入できる。

「家族団らんのきっかけも提供したい」。レトルトキーマカレーを開発した七呂建設の社内カレーチーム