42歳貯金900万円。共働きでフルタイム勤務していますが、精神的負担が大きいのです

©株式会社オールアバウト

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回のご相談者は、お子さん2人の育児をしながらフルタイムで働く、42歳の会社員女性。ファイナンシャルプランナーの深野康彦さんが回答します。

頑張りすぎて笑顔がなくなっている気がしています

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回のご相談者は、お子さん2人の育児をしながらフルタイムで働く、42歳の会社員女性です。 精神的な負担が大きいというものの、将来のことを考えて頑張っている、と語ります。ファイナンシャルプランナーの深野康彦さんが回答します。

相談者

おたふくさん(仮名) 女性/会社員/42歳 関西/持ち家(一戸建て)

家族構成

夫(41歳)、子(6歳、2歳)

相談内容

共働きで、妻の私もフルタイム正社員です。仕事の精神的負担が大きく、パートになって、もう少し気軽に働けるといいのかなと思っていますが、将来のことなど考えると、元気で働けるうちに頑張っておかないと……と。この頃は頑張りすぎて笑顔がなくなっている気がしています。今後の働き方、貯蓄目標など教えていただきたいです。

家計収支データ

おたふくさんの家計収支データは図表のとおりです。

相談者「おたふく」さんの家計収支データ

家計収支データ補足

(1)収入について(相談者コメント) 手取りは、それぞれの持株会の掛金を引いた後の金額です。児童手当は来年から2万円になります。 (2)ボーナスの使い道について(相談者コメント) 車購入用の貯金30万円、夫婦の小遣い20万円、残りは貯金です。 (3)家計収支について(相談者コメント) 家計の残りは、私の普通預金口座に残っています。いくらかをまた住宅ローンの繰り上げ返済に充てようかと考えていますが、これもご相談させていただきたいです。 (4)住居費について ・購入年:2010年 ・購入価格:3150万円 ・ローン借入額:3150万円 ・借入金利:2.4% ・ローン残債:1440万円 相談者コメント「購入後繰り上げ返済をしたのち、数年前に借り換え、残り1400万円、2035年までに短縮されました。返済は毎月返済のみで、ボーナス時の返済はありません。これ以外にかかる住居費はありません。団信には加入していません」 (5)自動車について(相談者コメント) 重量税4万円、保険4万3000円、車検5万円(1回10万円として)など=年間15万円としています。買い換えは2年後あたりに200万円程度を予定しています。 (6)加入保険について [夫] ・収入保障保険(61歳まで、年金月額8万円)=保険料(年額)3万1500円 ・団体がん保険=保険料(月額)900円 [妻] ・収入保障保険(62歳まで、年金月額8万円)=保険料(年額)2万円 ・団体がん保険=保険料(月額)1000円 ・自転車保険=保険料(月額)500円 (7)ご夫婦の働き方について(相談者コメント) 夫婦ともに退職金なし、夫の定年は60歳だと思われますが、その後も何かしらの形で働くと思います。

FP深野康彦の3つのアドバイス

アドバイス1:パートで収入減になると、貯蓄ができない。まずは教育費の確保を アドバイス2:あと10年、できれば13年は何とか頑張ってほしい アドバイス3:ご夫婦ともに細く長く働けるよう、精神的なゆとりを

アドバイス1:パートで収入減になると、貯蓄ができない。まずは教育費の確保を

住宅を購入し、お子さん2人をもうけ、共働きでこれまで本当に頑張ってこられたのだと思います。現状の家計で、これといった無駄もありません。このままの状況でいけば、お子さんの教育費も、ご夫婦の老後資金も心配される必要はありません。 でも、頑張りすぎたのでしょうか。お疲れのご様子ですから、いったんは休養してくださいと言って差し上げたいです。しかしながら、今すぐに正社員からパート的な働き方に変わってしまい収入が減ってしまうと、貯蓄を増やすことができず、お子さんの教育費がショートする可能性が高いです。 住宅ローンの借り換えはいい判断だったと思いますが、いまさらですが、5回もの繰り上げ返済は、お子さんの教育費の目途がたってからでも遅くはなかったかもしれません。お子さんはまだ小さいので、どのような進路になるかはわかりませんが、一般的に、子ども1人にかかる教育費として1000万円はみておきたいところです。2人なら2000万円です。 実際には、中学までは家計から捻出するとしても、高校、大学である程度まとまった資金が必要になります。まずは、あと10年ぐらいで教育費を確保することが、当面の貯蓄目標になるでしょう。

アドバイス2:あと10年、できれば13年は何とか頑張ってほしい

現在の家計であまり無駄はありませんが、収支差は児童手当分を入れて5万円ほどあります。児童手当はそのまま子ども名義の貯蓄にされているかもしれません。それでも残り3万円ありますから、ここはひと踏ん張りして、毎月の貯蓄額は13万円としましょう。年間で156万円、ボーナスから44万円貯蓄できていますから、合計200万円です。これは相当立派です。 おたふくさんが50歳までの8年間頑張れたら、貯蓄は1600万円増やすことができ、現在の貯蓄844万円と合わせると2444万円になります。これだけあれば、教育費の心配はないでしょう。 仮に2000万円を教育費として使うとすると、残りは400~500万円です。この間、車の買い換えがありますから、予算200万円を差し引くと、残り200~300万円ということになります。 もし、50歳でパート的な働き方に変えるとすると、その時点から貯蓄はできないことになります。計算上は、おたふくさんの収入がそのまま貯蓄できていた、ということです。このあと貯蓄ができるようになるのは、住宅ローンが完済する14年後からで、ご主人が55歳、おたふくさんが56歳の時です。そこから、毎月の教育費分、住宅ローン返済分が浮いて約10万円が貯蓄できるようになります。 ご主人が定年退職される60歳までの5年間で、貯められるのは600万円となり、先に説明した200~300万円と合わせた800~900万円が、二人の老後資金となります。 もしも、おたふくさんがあと10年、52歳まで現状のままであれば、400万円上乗せでき、あと13年、55歳まで頑張れたら、1000万円上乗せできます。ご主人の収入が、おたふくさんの収入減をカバーできれば問題ありませんが、現実的にはいかがでしょうか。

アドバイス3:ご夫婦ともに細く長く働けるよう、精神的なゆとりを

ご主人は退職金がないとのことですから、説明したように、おたふくさんが何歳まで働けるかで、二人の老後資金は変わってきます。お子さんの教育費を2000万円としましたが、そこまで使わなければ老後資金として残ります。 老後は、まだ先のことですが、今の働き方次第で老後生活に使える資金が変わってきますので、ご主人と一度話し合いをしてみてください。また、公的年金の受給額にも影響がありますから、できるだけ長く正社員で働くことも大切です。 公的年金の受給がはじまる65歳までは、少なくとも家計収支がトントンになるような働き方は必要です。細く長く働くためには、精神的なゆとりも必要です。仕事の内容はわかりませんが、場合によっては、負担の少ない職場に配置換えをお願いしてみてはいかがでしょうか。 また、何よりも、お子さんが小さいので、ご主人との家事分担や育児分担の見直しも必要かもしれませんね。おたふくさんが、ひとりで抱え込まないようにしてくださいね。 最後に、保険についてですが、住宅ローンの団体信用生命保険には加入されていないということなので、10年保障の定期保険で1000万円程度の保障額を確保しておかれると安心です。保険料が割安な通販型の定期保険であれば、数千円ですみますので、ほんの少しだけ家計支出を調整してみてください。 無理は禁物で、健康が第一ですが、ご夫婦で協力して、もう少しだけ頑張ってみてください。

相談者「おたふく」さんから寄せられた感想

深野先生のアドバイスを頂戴し、大変感激いたしました。もう少し正社員で働いたほうがいいとのことで、健康に気を付け、何とか働いていきたいと心が定まりました。家事育児はだいぶ主人もやってくれるので、この調子で働こうと思います。このたびは本当にありがとうございました。 教えてくれたのは……深野 康彦さん マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。

(文:あるじゃん 編集部)