小さいのにこの存在感! スズキの超コンパクトSUVコンセプト「iM-4(アイエムフォー)」は懐かしいスズキ車のモチーフがてんこ盛りだった

©株式会社MOTA

スズキが2015年にスイス・ジュネーブモーターショーへ出展したコンセプトカー「iM-4」は、全長わずか3.7メートルという非常にコンパクトなSUVだが、なかなかの存在感だった。しかもそのディテールは、往年のフロンテクーペといったスズキの名車のモチーフを随所に用いるなど、スズキらしさを前面に押し出していた。欧州のショーでコンパクトカーの新しい価値観を主張したスズキの意欲作「iM-4」を振り返ってみよう。

スズキ iM-4(アイエムフォー/第85回ジュネーブ国際モーターショー(2015年3月開催)出展 コンセプトカー[スズキ 新型イグニス コンセプトカー])

全長わずか3.7メートル弱なのに主張の強いデザインが目をひいた「iM-4」

スズキが2015年3月にスイスで開催された第85回ジュネーブ国際モーターショーに出展したコンパクトSUVのコンセプトモデル「iM-4(アイエムフォー)」は、全長わずか3.7メートル弱と非常にコンパクトなサイズながら、やけに強い存在感のあるモデルだった。

シンプルで力強いスクエアなフォルムや、クリンとした目玉のようなヘッドライトといった、主張の強いデザインが目に飛び込んでくる。

スズキ iM-4(アイエムフォー/第85回ジュネーブ国際モーターショー(2015年3月開催)出展 コンセプトカー

スズキの次世代軽量プラットフォームと、1.2リッターデュアルジェットエンジンにマイルドハイブリッドシステムを組み合わせたiM-4。4WDシステムに加え最低地上高も確保され、悪路走破性も十分である。

ボディサイズは、全長3693mm×全幅1709mm×全高1566mmで、当時のコンパクトカー「スズキ スイフト」(3代目:2010~2016)の全長3850mmから比べてもかなり短い。軽自動車の規格サイズが全長3.4メートルだから、長さだけなら軽に近いほどだ。

往年の名車のデザインモチーフを随所に使用した遊び心たっぷりなディテール

全体的なフォルムはシンプルなiM-4だが、ディテールのこだわりも独特だった。往年のスズキ車からデザインのモチーフを引用しているのだ。

スズキ 初代セルボのCピラー, iM-4のCピラー
スズキ 初代セルボのCピラー, iM-4のCピラー

傾斜の付いたCピラー(後部の柱)には、リアエンジン・リア駆動の軽スペシャリティクーペ「フロンテクーペ」や初代「セルボ」を想わせる3本のスリットが刻まれるほか、エスクードなどスズキの四輪駆動車にみられる貝殻形状のボンネット形状、スイフトなどに使用される黒いAピラー(フロントの柱)など多彩だった。

スズキ エスクード(初代),スズキ スイフト(3代目)
スズキ エスクード(初代),スズキ スイフト(3代目)

そしてこのコンパクトなSUVは、実際にほぼそのままの姿で2016年に「イグニス」の名で市販化された。国内では軽SUVのハスラーと、エスクードの間を埋めるモデルという位置付け。また日本のみならず、欧州やインドなどの海外市場でも発売されるスズキの国際戦略車へと発展している。

コンセプトカー「iM-4」,市販版「スズキ イグニス」
コンセプトカー「iM-4」,市販版「スズキ イグニス」

[筆者:MOTA(モータ)編集部]