新疆美術館、開館に向け準備着々

©新華社

新疆美術館、開館に向け準備着々

 11日、新疆美術館の内覧会で油彩画作品を鑑賞する報道関係者。(ウルムチ=新華社記者/王菲)

 【新華社ウルムチ5月13日】中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市の新疆美術館では現在、今月下旬に予定されている一般公開に向けた準備が進められている。同館は文化を通して住民に利益をもたらす重点事業「新疆美術センタープロジェクト」の一環で、建築面積は約6万3千平方メートル。五つの特別展ホールと八つの美術展ホールから成る。これまで1級行政区レベルの美術館がなかった同自治区に、新たな歴史が刻まれる。

新疆美術館、開館に向け準備着々

 11日、展示ホールに水彩画作品を設置する新疆美術館のスタッフ。(ウルムチ=新華社記者/王菲)

新疆美術館、開館に向け準備着々

 11日、新疆美術館の内覧会で油彩画作品を撮影する報道関係者。(ウルムチ=新華社記者/王菲)

新疆美術館、開館に向け準備着々

 11日、新疆美術館の内覧会で韓楽然(かん・らくぜん)氏が描いたキジル石窟壁画の模写作品を撮影する報道関係者。(ウルムチ=新華社記者/王菲)

新疆美術館、開館に向け準備着々

 11日、新疆美術館の内覧会で版画作品を見る報道関係者。(ウルムチ=新華社記者/王菲)

新疆美術館、開館に向け準備着々

 11日、新疆美術館の内覧会で水彩画作品の展示ホールを訪れた報道関係者。(ウルムチ=新華社記者/王菲)

新疆美術館、開館に向け準備着々

 11日、展示ホールに水彩画作品を設置する新疆美術館のスタッフ。(ウルムチ=新華社記者/王菲)