<新型コロナ>ワクチン2回接種の男性医師が感染 同居家族に症状…PCR検査で全員陽性 埼玉で初

©株式会社埼玉新聞社

ワクチン2回接種、男性医師が感染

 埼玉県は13日、2回のワクチン接種を済ませていた県立がんセンターの60代男性医師が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。県によると県内で2回接種した後での感染確認は初めて。

 男性は4月上旬までにワクチンを2回接種したが、今月7日から同居家族にせきなどの症状が続いた。男性も10日に鼻水などの症状が出たため、翌日に出勤を自粛し、同居家族2人と共にPCR検査を受検したところ、全員の陽性が判明した。

 県の担当者は「ワクチンを打ったからといって100パーセント感染しないわけではない」と引き続き感染対策を求めた。