「伊予灘ものがたり」、12月27日ラストラン 特別企画も

©Traicy Japan Inc,

JR四国は、観光列車「伊予灘ものがたり」の最終運転を12月27日に行うと発表した。

「伊予灘ものがたり」は、国鉄時代から主に普通列車で使用されていたキハ47形を改造して2014年にデビュー。主に予讃線の松山〜伊予大洲・八幡浜駅間で運行されている。全席がグリーン車指定席の扱いで、車内では地元の食材を使った食事やアフタヌーンティーを提供している。

今年度下半期は、土日祝日や10月~12月の月曜と金曜を中心に計47日運転する。最終運転日は12月27日となり、記念式典等を実施する計画。10月1・11日、11月8日、12月3~6日は、ラストラン特別企画等での運転を予定している。詳細は今後発表される。