アルゼンチン発の異色デュオ=カンデ・イ・パウロ×梶芽衣子がコラボ 、「修羅の花」日本盤ボートラ収録決定

©ユニバーサル ミュージック合同会社

©荒木大甫

6月4日に発売されるアルゼンチン発の異色デュオ=カンデ・イ・パウロのデビュー・アルバム『カンデ・イ・パウロ』日本盤に限定ボーナス・トラックとして梶芽衣子との共演による「修羅の花」が収録されることが決定した。

カンデ・イ・パウロは、2017年のYouTube動画が世界中で話題となり、2020年に名門デッカ・レコードと契約を果たしたアルゼンチン出身のグループ。コントラバス/ヴォーカルのカンデ・ブアッソとキーボードのパウロ・カリッソからなる異色デュオ

「修羅の花」は、梶芽衣子主演による映画『修羅雪姫』(1973)の主題歌で、梶の大ファンだというクエンティン・タランティーノによる映画『キル・ビル』(2003)で劇中歌として使用され世界的な知名度を獲得した1曲。

同じくかねてより梶の大ファンだったというカンデ・イ・パウロからのラブコールで、世代と国境を越えた今回の共演が実現。アブストラクトなパウロ・カリッソによるトラックに乗せて、カンデ・ブアッソの繊細な歌声と梶の力強いヴォーカルによる鮮やかな対比が強い印象を残す、新たな魅力が引き出された作品に仕上がっている。

今回の共演について、梶は「この度はステキなお話をいただきまして大変光栄に存じます。楽曲は私の映画『修羅雪姫』の主題歌です。48年前の作品です。カンデ・イ・パウロの歌を聞かせて頂きまして、とても感動いたしました。美しい声、そして日本語の響きがステキで私の歌と合わせてどのようなことになるのか、大変楽しみです。この度のお話をいただいて少しでもお役に立つことが出来るなら、何より嬉しく思います。心よりありがとうを申し上げたいです」とコメント。

また、本日5月14日はアルバムの中から新たに先行シングル第3弾として「ウォーク・オン・バイ」の配信がスタート。バート・バカラック作曲でディオンヌ・ワーウィックはじめ多くのアーティストが採り上げているソウル・クラシックだが、ここではカンデ・イ・パウロならではのスローなテンポでじっくりと聴かせるシックなアレンジとなっている。

■リリース情報

カンデ・イ・パウロ 

デビュー・アルバム『カンデ・イ・パウロ』

2021年6月4日発売 SHM-CD UCCM-1263 ¥2,860(税込)

視聴・購入などはこちら