菜々緒 川栄李奈や大島美幸を倒し、ヤンキーOLの派閥争いに終止符を打つ! 「地獄の花園」冒頭映像公開

©合同会社シングルライン

5月21日に劇場公開される、永野芽郁主演&バカリズム脚本の映画「地獄の花園」から、8分におよぶ冒頭本編映像が公開された。

公開された映像は、ごく普通のOLとして会社に通勤する直子(永野芽郁)の姿から始まる。直子のモノローグによって「一見平和に見える社内も、裏では熾烈な派閥争いなんかがあったりする」と説明されたその瞬間、佐竹一派の頭である紫織(川栄李奈)にぶっ飛ばされたOLが、ロッカーにたたきつけられる様子が描かれる。そして、社内には、紫織率いる佐竹一派、朱里(菜々緒)率いる安藤一派、刑務所の“お勤め”から戻ったばかりの悦子(大島美幸)率いる神田一派の派閥があることが説明される。そんな派閥争いだが、朱里が佐竹と悦子を倒すことで、安藤一派の天下となる様子が描かれている。

ヤンキーOLたちの戦いが描かれる一方で、堅気のOLである直子らが給湯室でたわいもない会話をし、そこに本作の脚本を務めたバカリズムが「お疲れ様です~」と登場するシーンも描かれている。また、激しい戦いによってボロボロになりながらも、コピーや電話応対などの仕事をこなすヤンキーOLたちの姿も映し出されている。個性豊かな登場人物や、彼女たちの日常が伝わってくる映像となっている。

「地獄の花園」は、殴り合いのケンカで派閥争いを繰り広げるOLたちの世界を舞台にした作品。永野芽郁が特攻服に身を包み、本格的なワイヤーアクションに挑戦する。ヤンキーOL役として、広瀬アリス、菜々緒らも出演する。向田邦子賞やギャラクシー賞を受賞してきたバカリズムのオリジナル脚本で、監督はPerfumeや星野源などのMVを手がける関和亮が務める。

【キャスト】
地獄の花園
2021年5月21日全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2021『地獄の花園』製作委員会