企業内接種、今月下旬にも開始

政府見通し、モデルナ想定

©一般社団法人共同通信社

記者会見する河野行革相=14日午前、東京都千代田区

 河野太郎行政改革担当相は14日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンを巡り、早ければ今月下旬にも企業内での接種が始まるとの見通しを示した。経済3団体などと意見交換した結果として言及した。承認申請中の米モデルナ製の使用を想定している。

 河野氏は、企業内の診療所や健康保険組合を活用して周辺地域住民の接種にも協力するよう経済団体に要請したことも明らかにした。

 一方、ワクチン接種の予約殺到による混乱を防ぐため、自治体側へのワクチン配送日の伝達を前倒しすると表明した。

 各地の市長らがワクチンを先行接種したことについては「説明責任を果たしてもらいたい」と指摘した。