永野芽郁が吐き捨てた“暴言”は…『地獄の花園』で

©株式会社ラジオ関西

永野芽郁・広瀬アリスらが超強いヤンキーOLです。OLたちが仕事の裏側で派閥争いを繰り広げるという空想の世界を描く、映画『地獄の花園』が5月21日から、OSシネマズミント神戸・アースシネマズ姫路など全国で順次公開。大がかりなコメディーで、派手なアクションと爆笑シーンの連続です。

脚本は、バカリズムによるオリジナルストーリー。OLたちの世界で“OLは力がすべて!テッペン目指して成り上がれ!”を合言葉に血で血を争う派閥争いが行われていた、という設定で進行する物語です。

ごく普通に働くOLの職場に、ある日、元カリスマヤンキーの女性が中途採用されます。これをきっかけに、OLたちが地獄のような争いを始めます……。

素敵なOLライフを夢見る主人公・田中直子を演じるのは永野芽郁。普通にお仕事して、会社帰りにデパートへ寄って、早く終わった日は同僚とご飯を食べに行ったりして、食べ過ぎた帰りに「もう、明日からダイエットする!」とか言って、そのうち彼氏ができて……という生活に憧れていて、社内の熾烈な派閥争いをクールに傍観しています。なぜかヤンキー漫画に詳しいそうです。

直子の職場に中途採用されるカリスマヤンキーOL・北条蘭は、広瀬アリス。自然に直子と仲良くなり、一緒にカフェめぐりを楽しみます。実はスカジャンを着こなしていて、喧嘩では最強の自信がありますが、仕事はできる方ではありません。

営業部を牛耳る狂犬のようなOL・佐竹紫織は、川栄李奈。社内で悪魔、と恐れられるOL・安藤朱里は菜々緒。刑務所帰りの大怪獣OL・神田悦子を大島美幸が演じます。

そして! 一部上場企業の総務部に勤務するお局OL・赤城涼子を演じるのが遠藤憲一。女装に見えますがそうではありません。エンケンさんの役柄は女性です。

この映画、ひとことで言うとヤンキー漫画の世界観をOLたちの職場に当てはめたもので、マジでテッペンを狙う乱闘の様子が超笑えます。

主役の永野芽郁はこの作品で「きっと今までに見たことのない私をお見せできると思います」と語っています。ごく普通のOLに憧れる直子の役ですが、本人いわく「自分で“なにを言っているんだろう”と思ってしまうほど暴言も吐いています。普段の生活ではなじみのない言葉なので、イントネーションや言葉の吐き捨て方など、合っているのか全くわからず(笑)。そういう点では苦労しましたね」とエピソードを披露しました。

喧嘩の場面が次々と出てきて、大きな見どころになっています。ほかのキャストに比べてずいぶんか細く見える芽郁ちゃんですが、アクションシーンについて「まず、この(ヤンキーOLの)格好をしている皆さんに囲まれるだけで、私ひとりだけ浮いてる気がするっていうところから戦わなきゃいけなかった」と笑わせました。

さらに「クランクインする 4~5か月前からトレーニングをはじめたのですが、広瀬さんと小池さんは、はじめましての状態から殴り合いでスタートしたので、普段とは違う距離の詰め方ができたかなと思います」と自信を語っています。

主題歌は「紅蓮華」「炎」で一気にのぼりつめたLiSA、サウンドプロデュースはB'zの松本孝弘で、大きな期待が膨らみます。

『ベスト・キッド』のオマージュ場面が結構ツボ、です。映画『地獄の花園』が5月21日からロードショー。(SJ)

◇映画『地獄の花園』
※上映日程は、作品の公式サイト・劇場情報でご確認ください。

キャスト:
永野芽郁 広瀬アリス
菜々緒 川栄李奈 大島美幸
勝村政信 松尾諭 丸山智己 遠藤憲一 / 小池栄子

脚本:バカリズム
監督:関和亮
音楽:宗形勇輝 植田能平 眞鍋昭大
主題歌:LiSA「Another Great Day!!」(SACRA MUSIC/Sony Music Labels Inc.)
サウンドプロデュース:松本孝弘(B'z)
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2021「地獄の花園」製作委員会