【MLB】加藤豪将、2戦連続タイムリーでメジャー昇格アピール 今季5戦目で初マルチ

©株式会社Creative2

パドレス傘下3Aエルパソの加藤豪将【写真:Getty Images】

「6番・一塁」で4打数2安打1打点、打率.222

パドレス傘下3Aエルパソの加藤豪将内野手は13日(日本時間14日)、本拠地で行われたロッキーズ傘下アルバカーキ戦で「6番・一塁」で先発出場。5回の第2打席で右翼へ適時二塁打を放つと、7回の左前打で今季初のマルチ安打をマークした。4打数2安打1打点1得点だった。打率.222。

3点を追う5回無死一、三塁。先発右腕ゴールドから右翼へ適時二塁打を放った。2試合連続安打で打点も2戦連続。1点を追う7回1死一塁では左前打を放ち、逆転劇を演出した。

チームは2017年ドラフト1巡目(全体3位)で指名した若手有望株ゴアが6回8安打3失点と試合を作った。5-3で勝利した。(Full-Count編集部)

この記事はいかがでしたか?