国産手術ロボット遠隔実演

30キロ離れ操作、藤田医大

© 一般社団法人共同通信社

愛知県の藤田医大は14日、国産手術支援ロボット「hinotori(ヒノトリ)」を使った模擬遠隔手術を公開した。豊明市の大学施設に設置したロボットを、約30キロ離れた藤田医大岡崎医療センター(岡崎市)で医師が操作。両施設は高速の専用回線で結ばれており、離れていてもロボットを時間差なく正確に操作できる。