沖縄で134人感染 4日連続100人超え【5月14日昼】

©株式会社沖縄タイムス社

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 沖縄県は14日、新たに134人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県内の累計感染者数は1万3621人となった。1日当たりの報告数は、4日連続で100人を超えた。

 先週金曜(7日)の感染者は速報値で82人だった。

 県内は5月の大型連休後の感染拡大が目立っており、1日あたりの感染者は連日100人を超えている。13日の感染は126人。感染経路が追えない割合は直近1週間で70.3%に上り、昨年8月15日以来7割を超えた。コロナ病床だけでなく、非コロナ病床も逼迫しており、県は不要不急の救急利用を控えるよう呼び掛けている。

 米軍関係は新たに2人が感染し、累計で1334となった。