プロドライバーに基礎から実践的テクニックまで学べる『TGR Driving experience2021』開催

©株式会社サンズ

 TOYOTA GAZOO Racing(TGR)は5月14日、『TOYOTA GAZOO Racing Driving experience2021』の開催概要を発表。オートポリス、富士スピードウェイなど国内5カ所のサーキットでプログラムを実施することを明らかにした。

 TOYOTA GAZOO Racing Driving experience(TGRD)は関谷正徳をはじめ、井口卓人、蒲生尚弥、佐々木雅弘、松井孝允というTGRとともに活動するプロドライバーを講師に迎え、“走る・曲がる・止まる”の基本操作から、ハイレベルで実戦的なドライビングテクニックまで、個々のレベルに合わせたレッスンを受けることができる、体験型ドライビングレッスンだ。

 プログラムは初心者でも安心して参加できる“ベーシック・プログラム”と、サーキット走行のスキルアップを目指す方向けの“アドバンス・プログラム”のふたつが用意され、前者ではシートポジションなどの基礎をはじめ、フルブレーキ・スラローム走行や先導走行を実施。

 対してアドバンス・プログラムでは、応用トレーニングとしてオーバル走行や8の字走行を行い、ブレーキングや荷重移動の反復練習を行うなどサーキット走行を楽しめるものとなっている。

TOYOTA GAZOO Racing Driving experience2021の講師陣

 
 そんな2021年のTGRDは、6月15日(火)に開催されるオートポリスでの1回目を皮切りに岡山国際サーキット、ツインリンクもてぎ、筑波サーキット、富士スピードウェイの5会場での実施が予定されており、すべての会場で前述のベーシックとアドバンスの両プログラムが行われる予定だ。

 レッスンは例年どおり普段乗りなれた愛車で受けることができるが、今年度のTGRDは車両のレンタルサービスを開始。トヨタGRヤリス、又はGRスープラを借りてプログラムに臨むことも可能となっている。詳しくはTOYOTA GAZOO Racing Driving experienceオフィシャルサイト(https://toyotagazooracing.com/jp/drivingexperience/)をチェックしてほしい。

 なお、新型コロナウイルス感染防止対策としてTGRDでは以下の感染予防対策とウイルス拡散防止対策が実施される。

1.受付について
スタッフが参加者のお車までまいりますので、来場された際はスタッフの誘導に従い車両を停車後、車内でお待ちください。

2.開講式、座学、ブリーフィングについて
開講式の時間になりましたら、スタッフが会場までご案内させていただきます。会場内では、ソーシャルディスタンスの確保の為、間隔を空けてお座りください。
また、会場によっては、参加者を2グループに分け別会場又は時間をずらして実施する場合がございますが、ご了承ください。

3.走行アドバイスについて
プロドライバー講師の走行アドバイスを無線機からのお声掛け、又は距離をとっての実施とさせて頂きます。

4.昼食会場について
昼食会場又はピット等での昼食をお取りください。
ソーシャルディスタンス確保の為、プロドライバー講師との懇談は中止とさせていただきます。

5.サーキットタクシー、集合写真撮影について
ソーシャルディスタンス確保の為、サーキットタクシー、集合写真撮影を中止とさせて頂きます。

6.ヘルメットの貸し出しについて
お貸出しヘルメットは、使用後に毎回消毒を実施しておりますが、ご利用時はヘルメットインナーを着用の上、ヘルメットの装着をお願いいたします。

■2021年TOYOTA GAZOO Racing Driving experience開催日程

日程 会場 プログラム

6月15日(火) オートポリス Basic Program/Advance Program
同日開催

7月6日(火) 岡山国際サーキット

9月6日(月) ツインリンクもてぎ

12月7日(火) 筑波サーキット

日程調整中 富士スピードウェイ