中国初の小型衛星スマート生産ライン、1基目の衛星がラインオフ―中国メディア

©株式会社 Record China

武漢国家宇宙産業拠点衛星産業パークにある中国初の小型衛星スマート生産ラインで13日、1基目の衛星がラインオフした。これは中国が小型衛星の量産化の段階に入ったことを示している。新華社が伝えた。

今回ラインオフした衛星は、中国宇宙科工集団有限公司が独自に研究開発したもので、量産に向けた典型的な衛星だ。同衛星は構造・機関サブシステム、熱制御サブシステム、電気供給サブシステム、軌道上姿勢制御サブシステム、総合電子サブシステム、エンジニアリング測定・制御サブシステム、ペイロードサブシステムの7つのシステムからなっている。

宇宙科工空間工程発展有限公司の関係責任者によると、同衛星は部品出庫、部品組立、総組立、完成機電気計測、熱制御実施、正確な測定、ソーラーパネル設置・テスト、品質検査、振動、熱真空、漏れ検知、完成機入庫などの工程を経て、衛星スマート生産ラインで総組立集積試験を終え、順調にラインオフした。これにより、衛星スマート生産ラインの実行可能性が効果的に検証された。

同衛星スマート生産ラインは2019年に建設が始まり、現在すでに正式な稼働・運営条件を備えている。「フレキシブルでスマート化、デジタルツイン、クラウド製造」などの特徴を持つ。スマート製造の先端技術を採用し、生産プロセスの正確な感知、鍵となる工程の品質のリアルタイム制御、製造全プロセスにおけるデータ収集・制御などを実現する。

スマート製造に基づき、同小型衛星スマート生産ラインは小型衛星の生産効率を40%以上高める。1基あたりの使用面積を70%以上減少し、1基あたりの生産期間を80%以上短縮し、人の生産効率を10倍以上高める。1トン以下の小型衛星の年間240基の総組立・集積試験の需要を満たせる。(提供/人民網日本語版・編集/YF)