日米仏豪が合同軍事演習、中国外交部「軍事演習よりも新型コロナ対策優先を」

©株式会社 Record China

陸上自衛隊、仏陸軍、米海兵隊が11日から17日まで九州で共同訓練を実施している。オーストラリアも日仏米と共に東中国海で共同訓練を実施する。今回の共同訓練は中国に圧力をかけることが目的だと報じるメディアがある。

これについて中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は、「この数カ国が行うのがいわゆる合同軍事演習であれ訓練であれ、率直に言って中国にとって何の影響もなく、彼らが自身の石油を消費するだけのこと。彼らが時間と力と資源を自国民の利益のためにより多く使用し、新型コロナウイルス感染症に関する自国内の対策及び国際協力にもう少し多く貢献することを望む」とした。(提供/人民網日本語版・編集/NA)