イスラエル衝突、一帯に拡大

ヨルダン川西岸で11人死亡

©一般社団法人共同通信社

14日、パレスチナ自治区ガザで、イスラエル軍による空爆後に煙が上がる建物(ゲッティ=共同)

 【エルサレム共同】イスラエルが占領するヨルダン川西岸で14日、パレスチナ人がイスラエル部隊と衝突、パレスチナ保健当局はパレスチナ人の死者が11人となったと明らかにした。AP通信が伝えた。イスラエルでは、パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスとの戦闘に加え、アラブ系住民とユダヤ人の対立が激化、衝突が各地に広がっている。

 15日はイスラエル建国で約70万人のパレスチナ人が難民となった「ナクバ(大惨事)」の日。反イスラエル感情が高まり、情勢が緊迫化している。

 パレスチナ保健当局によると、ガザへの空爆と砲撃は続いており、死者は126人となった。

イスラエル・エルサレム、ガザ地区、ヨルダン川西岸、パレスチナ自治区、レバノン