<あのころ>売春防止法案、衆院を通過

2年後、赤線の灯消える

©一般社団法人共同通信社

1956(昭和31)年5月15日、売春防止法案が衆議院を通過した。6日後に参院でも可決、成立した。世論を背景に女性議員の努力が実を結んだ。業者の転廃業を考慮して猶予期間を設けたため、「赤線」の灯が消えたのは2年後。写真は衆院本会議の採決を見守る傍聴席の女性たち。

この記事はいかがでしたか?