西日本は梅雨入り直後の大雨に警戒 東・北日本の日本海側も雨量多くなるおそれ

©株式会社ウェザーマップ

 西日本から北日本では、17日(月)にかけて雷を伴った非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となる所がある見込み。
低い土地の浸水、土砂災害、河川の増水や氾濫に警戒・注意が必要だ。

 きょう15日(土)現在、梅雨前線が黄海から西日本付近にのびていて、16日(日)朝には前線上に低気圧が発生する見込み。
 この低気圧が発達しながら日本海を東北東へ進み、17日(月)にかけて北日本を通過する予想となっている。
 この低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が不安定となる見込み。

大雨

 梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでおり、西日本では雷を伴った激しい雨の降っている所がある。
 西日本から北日本では、17日(月)にかけて雷を伴った非常に激しい雨や激しい雨が降り、所によって大雨となるおそれがある。

 <16日午後6時までの予想降水量、多い所>
 九州北部 100ミリ
 中国 80ミリ

 <17日午後6時までの24時間の予想降水量、多い所>
 九州北部 100~200ミリ
 北陸、東北 100~150ミリ
 中国 50~100ミリ

 低い土地の浸水、土砂災害、河川の増水や氾濫に警戒・注意が必要だ。