放課後の学校で伝統文化を学ぶ子どもたち 福建省福州市

©新華社

放課後の学校で伝統文化を学ぶ子どもたち 福建省福州市

11日、福州市にある烏山小学校の放課後書道クラスで学ぶ児童ら。(福州=新華社記者/宋為偉)

 【新華社福州5月15日】中国福建省福州市の教育部門はここ数年、市内の義務教育学校で、児童・生徒の放課後サービスを幅広く展開している。各校は学校を基盤としたカリキュラムの特色に合わせて、専門的な「社会サービス」を積極的に導入。児童・生徒が校内で篆刻や書道、古琴などの伝統文化を学べるようにしている。同市における放課後サービスのカリキュラムの種類はますます多様化しているという。

放課後の学校で伝統文化を学ぶ子どもたち 福建省福州市

11日、福州市にある烏山小学校の放課後書道クラスで学ぶ児童ら。(福州=新華社記者/宋為偉)

放課後の学校で伝統文化を学ぶ子どもたち 福建省福州市

11日、福州市の烏山小学校で、児童を指導する古琴クラスの講師。(福州=新華社記者/宋為偉)

放課後の学校で伝統文化を学ぶ子どもたち 福建省福州市

11日、福州市にある烏山小学校の放課後古琴クラスで学ぶ児童ら。(福州=新華社記者/宋為偉)

放課後の学校で伝統文化を学ぶ子どもたち 福建省福州市

11日、福州市の烏山小学校で、児童を指導する古琴クラスの講師。(福州=新華社記者/宋為偉)

放課後の学校で伝統文化を学ぶ子どもたち 福建省福州市

11日、福州市にある烏山小学校の放課後篆刻クラスで学ぶ児童。(福州=新華社記者/宋為偉)

放課後の学校で伝統文化を学ぶ子どもたち 福建省福州市

11日、福州市烏山小学校で、作品を見せる篆刻クラスの児童。(福州=新華社記者/宋為偉)

放課後の学校で伝統文化を学ぶ子どもたち 福建省福州市

11日、福州市にある烏山小学校の放課後篆刻クラスで学ぶ児童ら。(福州=新華社記者/宋為偉)