17日(月)にかけて西日本は梅雨前線の大雨に警戒を 東・北日本も梅雨末期のような強雨に要注意

©株式会社ウェザーマップ

 あす16日(日)から17日(月)にかけては西日本から北日本の広い範囲で雨脚が強まり、大雨となるおそれもある。
 九州北部・四国・中国ではきょう15日(土)に梅雨入りとなり、本格的な雨のシーズンが始まったが、梅雨の初期からの大雨に警戒が必要だ。

16日(日)は午後から雨が強まる、大雨の所も

 あす16日(日)は梅雨前線が朝鮮半島~日本海まで北上し、前線上には低気圧が発生するとみられる。この低気圧が北陸から東北付近へと進み、前線に向かって南から湿った空気が流れ込むため、これから全国的に天気が崩れる見込み。
 16日(日)の午前中は、雨が本降りとなる所は北海道や東北北部が中心の予想。ただ、九州など西日本は局地的な雷雨もあるほか、西日本~北日本のあちらこちらでにわか雨がある見込み。午後は日本海側から各地で本降りの雨となり、夜は東日本・北日本で風も強まって横殴りの雨となるおそれがある。
 また、九州や中国など西日本では16日(日)夜から17日(月)にかけて再び土砂降りとなり、雷を伴う所もありそうだ。

 九州北部では16日(日)午後6時までに多い所で100ミリの雨が予想され、17日(月)にかけては雨が強まって雨量がさらに100ミリ以上増えるおそれがある。これまでまとまった雨となっている所にさらに大雨となるため、土砂災害や低地の浸水などに警戒が必要だ。
 また、北陸や東北の日本海側でも16日(日)夕方から17日(月)にかけての雨量が100~150ミリと、この時期としては多くなる予想。土砂災害や河川の増水に十分な注意が必要となる。

 あす16日(日)の予想最高気温は東・北日本では15日(土)より低く22℃前後の予想。
 一方、西日本は25℃を超える所が多く、福岡は28℃、松山は29℃まで上がる見込み。湿度も高く、蒸し暑く感じられそうだ。

梅雨前線が早くも活発化のおそれ、東日本も梅雨入り早まるか

 来週の中ごろは梅雨前線の活動がいったん弱まるものの、来週後半になると再び活発となる見込み。
 西日本だけでなく東日本でも大雨となるおそれがあり、まだ梅雨入りしていない地域でも平年より半月程度早く梅雨に突入する可能性がある。
 例年より早く訪れる雨のシーズンに対して早めの備えを心掛けたい。

(気象予報士・佐藤俊和)