80歳アジア系男性、路上で少年2人に襲われる、笑いながら見物する人も―米国

©株式会社 Record China

中国国営中央テレビ(CCTV)のニュースサイトは13日、米国でアジア系住民へのヘイトクライム(憎悪犯罪)が多発する中、サンフランシシコで8日、80歳のアジア系男性が路上で少年2人に襲われて殴られる事件が発生したと報じた。

記事は、「憂慮すべき状況なのは、公開された映像に、助けを求める男性の叫び声のほかに、見物していると思われる人の笑い声も含まれていたことだ」と伝えている。

記事によると、男性は軽傷を負い、腕時計を奪われた。警察によると、容疑者は16歳で、同日に他のエリアで発生した武装強盗事件への関与も疑われているという。

人権団体のストップ・AAPI・ヘイトによると、米国で今年3月末までの約1年間に報告されたアジア系へのヘイトクライムは6603件で、その3分の1近くが今年に入ってから発生したものだという。それ以前の約1年間に報告されたアジア系への憎悪犯罪は3795件だった。(翻訳・編集/柳川)