IZ*ONE終了の宮脇咲良「HKT48卒業」を電撃発表 6月19日に卒業コンサート

©株式会社東京スポーツ新聞社

宮脇咲良(中)がHKT卒業を発表した(©Mercury)

日韓12人組ガールズグループ「IZ*ONE」としての活動を先月28日で終了した宮脇咲良(23)が15日、福岡・博多の専用劇場で行われた「HKT48全員生出演『君とどこかへ行きたい』リリース記念ニコ生特番配信」に出演。イベント終盤で、グループからの卒業を発表した。

中盤のミニライブコーナーでは、松岡菜摘(24)に呼び込まれ、「帰ってきました~!」と笑顔を見せていた宮脇。終盤の1期生コーナー冒頭では、一転して神妙な顔で「このタイミングで私からお知らせをさせていただきたいと思います」と切り出し、「私、宮脇咲良はHKT48を卒業します」と発表した。

宮脇は「13歳からHKT48に入り1期生として約10年間、活動させていただきました。2年半離れて活動させていただいたからこそ、やっぱり私にとってHKT48は始まりの場所であり、いつまでも心の中にある大切な場所だということに気づけました。アイドル宮脇咲良が生まれたのは、このHKT48だし、長い月日をかけてたくさんのことを学ばせていただいて、たくさんの大切な仲間に巡り合えました」と感謝した。

卒業の決断について「この2年半、HKT48を見て後輩たちの成長をとても感じて、とてもうれしく思って次のステージにみんな進んでいるんだなと感じました。だから帰ってきた今、私にできることは短い間にはなりますが、卒業までの期間、HKT48へ10年間の恩返しができるような活動をしたいと思いました」と説明した。

復帰から直後の卒業発表に、ファンも驚きを隠せなかったが、宮脇は「きっと帰ってきたばかりで卒業発表したので、寂しい思いやガッカリさせてしまってることももちろん知っています。ただ、この卒業までの間、HKT48のみんなに少しでも希望を持ってもらえるような、そしてファンの皆さんに喜んでいただけるような活動ができるよういろいろ準備をしています」と理解を求め、6月19日に卒業コンサートを行うことを発表した。

宮脇は「このような時期ですので、オンライン配信もさせていただきます。少しでも皆さんと一緒に楽しみたいと思っています」と呼びかけた。

宮脇はHKTの矢吹奈子(19)とともに、2018年10月にHKTでのグループ活動を一時休止し、2年半の期間限定で活動する日韓12人組ガールズグループ「IZ*ONE(アイズワン)」に参加。先月28日をもって、予定通り2年半の活動期間を終え、韓国から帰国していた。

宮脇は2011年、HKTに1期生として加入。18年6月に行われた「第10回AKB48世界選抜総選挙」で3位に入るなど、AKB48グループを代表する人気メンバー。