《春季関東高校野球》常磐大高、初陣飾れず

© 株式会社茨城新聞社

関東学園大付-常磐大高 1回表関東学園大付2死二、三塁、マウンド上で常磐大高の先発・高野(左)を励ます清水主将=富士北麓公園野球場

第73回春季関東高校野球大会は15日、山梨県の富士北麓公園野球場などで開幕した。第1日は1回戦1試合と2回戦4試合が行われ、茨城2位代表で初出場の常磐大高は2回戦で関東学園大付(群馬1位)に4-8で敗れ、初陣を飾れなかった。

そのほか、日本航空(山梨2位)がセンバツ優勝校の東海大相模(神奈川1位)を5-3で破った。関東第一(東京2位)は千葉学芸(千葉1位)に逆転サヨナラ勝ち。桐光学園(神奈川2位)は打撃戦を制した。花咲徳栄(埼玉2位)はコールドで2回戦に進んだ。

第2日は16日、同球場などで2回戦の残り4試合が行われ、茨城1位代表の常総学院は東農大二(群馬2位)と対戦する。