【MLB】「ハシゴを登らなきゃ捕れない」 空中浮遊の“垂直跳びキャッチ”が「今季イチ」

©株式会社Creative2

マリナーズのディラン・ムーア【写真:AP】

抜群タイミングでジャンプ一番「文字通り息をのむようなプレーだ!」

■マリナーズ 7ー3 インディアンス(日本時間15日・シアトル)

ドンピシャタイミングの“垂直跳びキャッチ”が、ファンの目を引いている。14日(日本時間15日)に行われたマリナーズ-インディアンス戦。右翼へ抜けそうなハーフライナーをジャンプ一番好捕した二塁手の美技に「ハシゴを登らなきゃ捕れない」「今季イチのプレー」「スパイダーマン」などと驚きの声が上がっている。

4回表無死走者なしの場面で、インディアンスのホセ・ラミレスが右翼前に落ちそうなライナー性の打球を放った直後だった。定位置より後ろを守っていたマリナーズの二塁手ディラン・ムーアは、ノーステップで真上にジャンプ。目一杯手を伸ばし、ここしかないというタイミングでグラブに収めた。

このファインプレーをMLB公式ツイッターが動画で公開。ファンからは「これは正気じゃない」「タイミングが完璧だね。ジャンプの頂点で伸びきってキャッチしている」「アメージングなプレー。文字通り息をのむようなプレーだ!」「このキャッチは常軌を逸している」などとコメントが並んだ。

【動画】めっちゃジャンプしている“垂直跳びキャッチ”

【動画】めっちゃジャンプしている“垂直跳びキャッチ” signature

(Full-Count編集部)