F1王者メルセデス、パンデミックの2020年にも黒字を確保

©株式会社サンズ

 現F1世界王者のメルセデスは、2020年は世界選手権に3億2400万ポンド(約499億円)をつぎ込んだ。しかし多額の費用に加え新型コロナウイルス危機の影響がF1に及んだにもかかわらず、チームは昨年も利益を上げたことが明らかになった。

 新たに発表された財務報告によると、2020年の会計年度におけるメルセデスの収益は、3億6360万ポンド(約559億円)から3億5550万ポンド(約547億万円)へのわずかな下落にとどまった。

 この数字は、昨シーズンのレース数が少なかったことでF1全体の収益が下落したことを反映しているが、メルセデスはスポンサー収入が大きく上昇したために、F1からのチームへの支払額の減少をある程度補うことができている。

 昨年のダイムラーからの出資は2019年に比べてわずかに減少し、昨年のF1活動への支援は2700万ポンド(約41億円)を少し超える程度だった。

 メルセデスの総決算に目を向けると、税引後の利益が1360万ポンド(約21億円)であり、2019年の1470万ポンド(約22億円)からわずかに減少しているものの、困難な年を財政的に比較的良い状態で過ごせたことが分かる。

「会社の成功は、チャンピオンシップでのパフォーマンスと、株主が規定した財務上のパラメータを参考に測られる。それにはチームにとって財政的に持続可能な将来を達成することも含まれている」とメルセデスF1チーム代表のトト・ウォルフは同社の資産報告書で指摘した。

「2021年から新たな財務レギュレーションが導入されたため、F1チームは今後数年のうちに独立した財政上の持続可能性を達成できるようになる」

2020年F1第14戦トルコGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝、7度目のタイトルを獲得

 メルセデスに関して、F1から撤退するという噂が定期的に浮上しているが、非常に難しい年だった2020年にも利益を上げたことから考えて、彼らがF1にとどまることは確実であるように思われる。

 なお、ダイムラーは今年序盤にメルセデスF1チームの持ち株を減らしており、現在チームの株式は同社とともに、ウォルフおよびイネオスのオーナーであるジム・ラットクリフが均等に保有している。

 ウォルフは、メルセデスにとってF1参戦は今も重要な活動であると強調した。
「昨今のシーズンにおけるチームの成功と並行して、メルセデスブランドは2013年の319億ドル(約3兆5000億円)から2020年には493億ドル(約5兆4000億円)と価値を増大させており、このブランドが世界で8番目の価値を有するにあたってF1は重要な貢献をしている」