中上貴晶「最後は少しコンディションを見誤ってしまいましたが、7番手はいい結果」/MotoGP第5戦フランスGP予選

©株式会社サンズ

 5月15日、2021年MotoGP第5戦フランスGP MotoGPクラスの予選がフランスのル・マン-ブガッティ・サーキットで行われ、中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は7番手を獲得した。

 初日は不安定な天候のなか総合10番手に入った中上。翌日のフリー走行3回目では水しぶきが出るほどのウエットコンディションとなり、1分42秒520の12番手に。他のすべてのライダーたちも前日のタイムを上回ることができず、初日総合10番手に入っていた中上はダイレクトで予選Q2に進出することができた。

 予選Q2もはウエットコンディションのなか行われたが、中上は徐々に乾いていく路面を待ってスリックタイヤでコースイン。その作戦が成功し、周回するごとにタイムを更新。1分33秒120の2番手に浮上した。しかし、セッション終盤に雨粒が落ちてきたため中上がアタックを取りやめた一方、他のライダーたちが最後のアタックでタイムを更新し7番手へと後退してしまった。

 予選日の中上は、ウエット、ドライの目まぐるしく変わるコンディションにうまく適応し順調にセットアップを進めており、決勝日に向けて準備を整えている。MotoGP第5戦フランスGP決勝は、5月16日21時からスタートする。

■LCRホンダ・イデミツ中上貴晶(予選7番手)
「予選は常に路面コンディションをチェックしなければならないほどとてもトリッキーでした。雨が降ったかと思えば晴れたりしました。そんな状態だったのでウエットからドライになるのがとても速く、スリックタイヤで行けるまでピットで待とうと決めた戦略はとてもうまくいきました」

「周回を重ねながら、ラップタイムを更新できるようにがんばりました。マシンのフィーリングはとてもよかったです。最後は少しコンディションを見誤ってしまい、雨粒を感じたのでスローダウンしました。そのためラップタイムを更新するチャンスを逃してしまいました。それでも7番手はいい結果です。レースに向けて準備はできています。自信もあります。レースがとても楽しみです」

2021年MotoGP第5戦フランスGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2021年MotoGP第5戦フランスGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2021年MotoGP第5戦フランスGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2021年MotoGP第5戦フランスGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2021年MotoGP第5戦フランスGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2021年MotoGP第5戦フランスGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)