米バスケ殿堂入りの式典開く

事故死のブライアントさんら表彰

©一般社団法人共同通信社

2020年の米国バスケットボール殿堂入り式典で、スピーチする故コービー・ブライアントさんの妻バネッサさん。左はプレゼンターを務めたマイケル・ジョーダンさん=15日、コネティカット州アンカスビル(NBAE提供・ゲッティ=共同)

 新型コロナウイルス流行により延期された2020年の米国バスケットボール殿堂入り式典が15日、コネティカット州アンカスビルで行われ、米プロNBAでレーカーズの看板選手として5度リーグ制覇し、昨年1月にヘリコプターの墜落事故のため41歳で亡くなったコービー・ブライアントさんらが表彰された。

 ブライアントさんのプレゼンターは伝説的選手、マイケル・ジョーダンさんが務め、壇上で妻バネッサさんに付き添った。バネッサさんは「やったよ。これで殿堂入り。あなたは真の王者。あなたをとても誇りに思う」とスピーチした。

 ティム・ダンカンさん、ケビン・ガーネットさんらも殿堂入り。