高校野球 春の青森県大会 光星と青森山田が激突

©青森朝日放送

高校野球春の青森県大会は16日、2回戦が行われ、光星と青森山田が激突しました。

1-1の同点で迎えた7回。青森山田は1塁2塁のチャンスをつくると、1番の阪田がライト線へのタイムリーツーベースで勝ち越しに成功します。

対する光星は9回。ワンアウト1塁3塁にランナーを置き、代打・浦野の打球はファーストへ。青森山田はダブルプレーを狙いますが、1塁はセーフ。光星が同点に追い付きます。

さらに光星は延長10回。2番伊藤の高々と上がった打球はレフトポール際に飛び込む決勝ソロホームラン。終盤に粘り強さを見せた光星がベスト8進出を決めました。