《明治安田J2》水戸 4戦ぶり黒星

© 株式会社茨城新聞社

京都-水戸 前半、相手CKをクリアする水戸の選手たち=サンガスタジアムbyKYOCERA

明治安田J2第14節最終日(16日・サンガスタジアムbyKYOCERAほか=5試合)
水戸は京都に0─1で敗れ、4試合ぶりの敗戦となった。水戸の今季通算成績は6勝1分け7敗、勝ち点19で順位は7位のまま。

水戸は前半24分、先制点を許した。その後は反撃を試みたが、次第に京都に主導権を握られ、得点できないまま終わった。

首位の新潟は町田に1-2で敗れ、今季初黒星を喫した。勝ち点は33のままで、2位琉球に並ばれた。

■水戸・秋葉監督 パターン増やしたい
チャンスを仕留めるクオリティーを練習から高めていきたい。また、チャンスの回数が多い方が勝つ確率が高まる。同じ方向を向き、崩しのパターンを増やしていきたい。

▽サンガS(観衆3,654人)
京都 10勝2敗2分け(32) 1-0 水戸 6勝7敗1分け(19)
1-0
0-0