《春季関東高校野球》農二先制実らず 茨城・常総学院に2-10

©株式会社上毛新聞社

農大二―常総学院(茨城) 1回裏常総1死一、二塁、マウンドに集まる農二ナイン=山梨・富士北麓公園野球場

 【山梨=大橋周平、丸山朱理】高校野球の第73回春季関東地区大会は16日、山梨県富士吉田市の富士北麓公園野球場などで2回戦の残り4試合を行い、本県2位の農大二は常総学院(茨城1位)に2-10で敗れた。

 17日は甲府市の山日YBS球場で準々決勝2試合が行われ、本県1位の関学附が桐光学園(神奈川2位)と戦う。

▽2回戦

農大二(本県2位) 1000100―2 601102×―10 常総学院(茨城1位)

(七回コールド)

 ○…農大二は序盤の失点が痛かった。初回、鵜木の右前打が敵失を誘う間に、小林が本塁に生還し1点を先制。五回は吉田、菊池、小林の3連打で無死満塁とし、鵜木の内野ゴロで1点を加えたが、そこまでだった。

 先発黒岩は初回に本塁打2本を浴び計6失点。二回以降も粘りの投球を続けた。