中国31省の最新版人口マップ、1101万人流失の東北エリア、一番人気は広東省―中国メディア

©株式会社 Record China

第7回全国国勢調査の結果がこのほど公開され、中国31省・区・市の最新版人口マップが明らかになった。では、若者の割合が最も高い省、逆に高齢者の割合が最も高い省はどこなのだろうか?最も魅力があり、人が集まっている省、逆に多くの人が離れている省はどこなのだろうか?中国新聞網が伝えた。

■広東省が人口総数・増加数で首位

総人口を見ると、31省のうち、人口が1億人を超えた省は広東省(1億2601万2510人)と山東省(1億152万7453人)の2省。3位は河南省(9936万5519人)だった。

広東省は、総人口だけでなく、域内総生産も全国トップで、「2冠」に輝いた。

広東省は、魅力ある都市で、最も人が集まる省となっている。統計によると、ここ10年、広東省の人口は2170万人以上増え、増加数は全国最多となった。また、香港・マカオ・台湾出身者や外国人の居住者数が最も多い都市でもある。

2010年の第6回国勢調査と比べると、31省のうち、25省の人口が増加した。増加数が多い省トップ5は、上から順に、広東省(2170万9378人増)、浙江省(1014万697人増)、江蘇省(608万8113人増)、山東省(573万4388人増)、河南省(534万1952人増)だった。

人口の流れを見ると、河川や海の沿岸地域、内陸部の都市に集中するようになっており、長江デルタや珠江デルタ、成都・重慶都市群などの主要都市群の人口増加ペースが加速し、密集度が高まっている。

■東北エリアの人口が10年で1101万人減、流出最多は黒竜江省

2020年の時点で、東北三省の総人口は9851万人だった。約1億人と、規模は依然として大きいものの、10年前と比べると1101万人減少した。

うち、黒竜江省の人口が3185万88人と、10年前の3831万2224人と比べて、約646万人減少し、流出人口が最も多い省だった。

東北エリアの人口減少について、中国国家統計局の寧吉●(ニン・ジージャー、●は吉が2つ)局長は、「自然環境や地理的環境、出産水準、経済・社会の発展など、さまざまな要素が重なった結果」と分析する。

東北エリアは、中国の中では緯度の高い地域で、冬は長く、寒さも厳しい。そのため、東北エリアの一部の人口は、比較的温暖な気候の南方エリアに流れている。その他、出産に対する観念や出産行為などの要素の影響で、東北エリアの人口自然増加率は全国平均を長年下回っている。しかし、東北エリアの経済は、構造調整の難関攻略の時期にあり、一部の沿海の経済が発達した省・市のキャリアアップのチャンスや就職の前途は明るいため、東北エリアを含む、その他の地域の人口がそこに向かって流れるようになっている。

■東北エリアは女性の数が男性上回る、吉林省の人口性別比最低

31省のうち、人口性別比(女性100人を基にした男女比率)が100以下の省は、吉林省(99.69)と遼寧省(99.7)の2省だった。つまり、同2省は男性よりも女性の方が多いということになる。黒竜江省は100.35で、下から3番目だった。

東北エリアは男性よりも女性の方が多い原因として、計画出産政策が最も徹底して実施され、「子供を一人だけ産む」という観念が浸透していることのほか、東北三省は人口が流出しており、流動人口は男性のほうが多いことも挙げられる。男性は他の地域へと出ていき、残った女性は男性よりも寿命が長いため、自然と男性より女性のほうが多くなっているとみられる。

反対に人口性別比が最も高い省トップ3は、広東省(113.08)、海南省(112.86)、チベット自治区(110.32)で、いずれも110を上回った。

人口性別比が最高の広東省は女性より男性の方が多いということになる。同省には多くの人口が流入しており、仕事を求めて同省に移動する男性が多く、人口性別比をある程度押し上げる原因となっている。

■若者比率トップはチベット、高齢者比率トップは遼寧省

年齢別人口を見ると、チベット自治区の若者の割合が最も高い。統計によると、同自治区の0~14歳の人口の割合は24.53%と、全国で最も高かった。一方、60歳以上の人口の割合は8.52%と、全国で最も低かった。65歳以上の人口の割合を見ると、チベット自治区(5.67%)以外の30省は全て7%以上だった。

一方、高齢者の割合が最も高いのは遼寧省だ。統計によると、遼寧省の60歳以上の人口の割合は25.72%で、全国で最も高い。65歳以上の人口の割合も17.42%と、全国で最も高い。

世界的には国や地域の高齢化率(65歳以上の人口が総人口に占める割合)が7%を超えると高齢化社会、14%を超えると高齢社会、20%を超えると超高齢社会と呼ばれる。つまり遼寧省は既に高齢社会に突入していることになる。

中国全土を見ると、 12省・市が高齢社会に突入している。内訳は遼寧省、重慶市、四川省、上海市、江蘇省、吉林省、黒竜江省、山東省、安徽省、湖南省、天津市、湖北省だ。

■最も教養があるのは北京市民

受けた教育の程度は、「人口の質・ボーナス」に影響を与え、地域の発展の前途を変える。

国勢調査によると、中国全土の大学卒業の学歴所有者は2億1836万人だった。

うち、北京の人口10万人に対する大学卒業の学歴所有者の数は4万1980人で、全国で最も高い水準だった。15歳以上の人口の受けた教育の平均年数も12.64年と、全国で最も高い水準だった。つまり、北京市民は「最も教養がある」ということだ。

人口マップの推移の背後には経済構造の変化がある。第7回国勢調査は終わったものの、人口の移動、熾烈な競争は依然として続いている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)