貯蓄国債の販売ルートを広げるスマホ銀行―中国

©株式会社 Record China

これまで国債を購入する時、投資家は店舗に行って並ぶか、ネット銀行を利用しなければならなかった。それが今では、通勤中にスマートフォンをちょっと操作すれば買えるようになった。5月10日は2021年の第3期、第4期の貯蓄国債(電子ベース、以下同)のスマホ銀行販売テストの初日で、一部のテスト銀行では割当額があっという間に売り切れたという。新華社が伝えた。

北京市民の王さんは「これまで国債を買おうと思ったら店舗に行って並ばないといけなくて、サラリーマンの自分にとってはちょっと面倒だった。昼休みにならないうちにその日の割当額が売り切れてしまうこともしょっちゅうだった。今回は発売当日の朝早く地下鉄で出勤する合間に、スマホで1万元(約17万円)の国債を買うことができた。とても便利だ」と話した。

財政部と中国人民銀行(中央銀行)はこのほど共同で通達を行い、5月10日から19日までの間に発行する2021年第3期、第4期貯蓄国債はスマホ銀行による代理販売ルートを打ち出すと発表した。中国工商銀行、中国郵政貯蓄銀行、招商銀行、江蘇銀行の4銀行が他行に先駆けてテストを実施し、各行のスマホ銀行部門を通じて代理販売を行うことになった。

10日午前8時30分、2期分の国債が正式に発売された。工商銀は同日、電子ルートで5年物貯蓄国債11億元(約187億円)以上を半日で売り切った。うちスマホ銀行を通じた販売件数が6割を占めた。郵貯銀行は同日にスマホ銀行で2期分の国債8億元以上を販売し、うち3年物の電子ルートでの限度額は半日で売り切った。

招聯消費金融有限公司の董希●(ドン・シーシン、●は品の口が水)首席研究員は、「貯蓄国債は個人の投資・資産運用市場で人気があり、特に中高年投資家にとても人気だ。スマホ銀行で貯蓄国債を販売すれば投資家は非常に買いやすくなり、国債の販売対象と販売ルートを広げることになる。しかし一方で、各銀行は中高年投資家がオフラインで購入する場合に備えてオフラインルートの貯蓄国債も一定の限度額を留保している」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/KS)