妻夫木聡&長澤まさみら豪華出演 中国で歴史的大ヒット『唐人街探偵 東京MISSION』公開決定

©ブロードメディア株式会社

映画『唐人街探偵 東京MISSION』日本版ポスタービジュアル(C)WANDA MEDIA CO.,LTD. AS ONE PICTURES(BEIJING)CO.,LTD.CHINA FILM CO.,LTD “DETECTIVE CHINATOWN3”

俳優の妻夫木聡や女優の長澤まさみらが出演する、中国でメガヒットを記録した映画『唐人街探案(原題)』が、邦題を『唐人街探偵 東京MISSION』として7月9日より公開されることが決定。日本版の予告とポスターが解禁された。

本作は、東京を舞台に、中国・日本・タイの探偵が、ヤクザ絡みの密室殺人事件の解決に挑む様を描くエンタテインメント作。中国のスター俳優のワン・バオチャンリウ・ハオランに加え、日本から妻夫木聡長澤まさみ染谷将太鈴木保奈美浅野忠信三浦友和ら豪華俳優陣が出演。さらに、ハリウッド映画でも活躍するタイのアクションスター、トニー・ジャーも参戦している。監督・脚本は、俳優としても活動するチェン・スーチェン

中国では今年旧正月初日の2月12日に公開されると、初日に約10.1億元(約164億円)の興行収入を記録。歴代1位だった『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)を抜き、全世界オープニング週末興行収入ナンバーワンの新記録を樹立した。

国際的な事件を解決してきたチャイナタウンの探偵コンビ、タン・レン(ワン・バオチャン)とチン・フォン(リウ・ハオラン)は、日本の探偵・野田昊(妻夫木)から難事件解決への協力を依頼され東京に飛ぶ。今回のミッションは、東南アジアのマフィアの会長の密室殺人事件で、犯人として起訴されたヤクザの組長・渡辺勝(三浦)の冤罪証明。タイの探偵で元刑事のジャック・ジャー(トニー)も参加し解決を試みるが、殺された会長の秘書である小林杏奈(長澤)が何者かに誘拐される事件が発生。そこに事件解決率100%を誇るエリート警視正・田中直己(浅野)、謎の指名手配犯・村田昭(染谷)も絡み、事件は複雑化する。

さらに、世界の探偵が愛用するアプリ「CRIMASTER(クライマスター)」の事件解決率世界ランキングに載る探偵たちが、このニュースを聞いて東京に集結。探偵世界ランキング第1位で正体不明の「Q」の登場により、さらなる混乱が巻き起こる―。

予告は、中国の探偵コンビ、タン・レン(ワン・バオチャン)とチン・フォン(リウ・ハオラン)、日本の探偵・野田昊(妻夫木)、タイの探偵ジャック・ジャー(トニー)ら4人の探偵が事件解決の依頼を受け、「東京! ついに来たぞ!」と緊急結集するシーンから始まる。続いて彼らが、成田空港、東京タワー、新宿・歌舞伎町、渋谷・スクランブル交差点など、おなじみの東京の街をカートや水上バイクなどでド派手に駆け抜けるハイテンションな映像が展開。

また、事件の鍵を握る人物として、ヤクザの組長・渡辺勝(三浦)、マフィアの会長の秘書・小林杏奈(長澤)、エリート警視正・田中直己(浅野)が登場。さらに謎の指名手配犯・村田昭(染谷)、美人双子姉妹・川村晴子&芳子(鈴木)ら、日本人キャストが次々と顔をのぞかせる。果たして、国境の垣根を越えた探偵チームが挑む難事件の真相、そして事件の影に潜む謎の組織Qの陰謀とは…。

ポスターは、4人の探偵が東京の街をバックに闊歩する姿を描いたもの。その上下には、真実を覗こうとする探偵ポーズを決めた豪華キャストたちが並んでおり、作品のスケールの大きさを予感させるビジュアルに仕上がっている。

日本の探偵・野田役の妻夫木は、本作について「世界中の中華街で起こる様々な事件を、個性豊かな探偵たちが解決していく、コメディサスペンス映画です。僕を含めたアジアの探偵たちが東京の街を暴れまくってます」と説明し「映画でアジアが一つになれれば…そんな想いを胸に撮影させて頂きました。映画愛溢れるスタッフキャストが国境を超えて集結しました!是非、皆さん映画館にいっぱい笑いに来てください」とメッセージを寄せている。

映画『唐人街探偵 東京MISSION』は7月9日より全国公開。