とっとり花回廊でクレマチス見頃

色形さまざま150品種

©一般社団法人共同通信社

鳥取県南部町の県立フラワーパーク「とっとり花回廊」で見頃を迎えたクレマチス=14日

 鳥取県南部町の県立フラワーパーク「とっとり花回廊」で、クレマチス約150品種の約300株が次々と見頃を迎えている。八重咲きやベル型など多様な形と色合いが来園者を魅了している。見頃は6月上旬まで。

 クレマチスは「ツル植物の女王」とも呼ばれ、フェンスや支柱にはわせ、高さやボリューム感のある展示に。純白で丸みのある花びらの「白雪姫」や、小さな赤い鈴のように咲く「チェリーリップ」が、ラベンダーなどと寄せ植えされている。

 島根県安来市から訪れた歯科医院経営者(68)は「見たことのない品種がいっぱい」と感銘を受けていた。