大手銀3グループが減益

コロナ禍、与信費用膨らむ

©一般社団法人共同通信社

大手銀行5グループの21年3月期連結決算

 三菱UFJフィナンシャル・グループなど大手銀行5グループの2021年3月期連結決算が17日、出そろった。純利益は三井住友フィナンシャルグループなど3社が減益だった。新型コロナウイルス感染拡大で融資先企業の経営が悪化し、貸し倒れに備えて積み立てておく与信関係費用が膨らんだ。22年3月期は5社全てが増益を見込む。

 与信関係費用は5社合計で前期比約1.8倍の1兆1462億円に拡大した。純利益の合計は1.6%増の2兆275億円。

 減益は三井住友フィナンシャルは27.1%減、三井住友トラスト・ホールディングスは12.8%減、りそなホールディングスは18.3%減。