東京五輪の中国卓球代表メンバーが正式発表―中国メディア

©株式会社 Record China

中国卓球協会は16日、東京五輪代表を正式発表した。人民日報が伝えた。

混合ダブルス:許[日斤]/劉詩●(●は雨かんむりに文)

女子シングルス:陳夢、孫穎莎

男子シングルス:馬龍、樊振東

女子団体:陳夢、孫穎莎、劉詩●

補欠:王曼▲(日の下に立)

男子団体:馬龍、樊振東、許[日斤]

補欠:王楚欽

男子代表:最強メンバー

男子シングルスの代表は馬龍と樊振東で、男子団体はこの2選手に許[日斤]を加えたメンバーで金メダルを目指す。

馬龍は、2016年のリオデジャネイロ五輪の男子シングルスと男子団体で金メダルを獲得したほか、2015年、2017年、2019年の世界選手権男子シングルス三連覇を果たした。今回の代表選手の中で唯一「グランドスラム」を達成している。

樊振東は2018年から2020年の卓球ワールドカップ・男子シングルスで三連覇を果たしており、ここ1年、世界ランキング1位の座をキープしている。許[日斤]は、2016年のリオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得した男子団体のメンバーであるほか、馬龍と張継科、 樊振東とそれぞれペアを組んで世界選手権でダブルスの金メダルを獲得した。

女子代表:盤石の布陣

女子シングルスの代表は世界ランキング1位の陳夢と、「00後」(2000年以降生まれ)の孫穎莎で、女子団体のメンバーにはこの2選手に劉詩●が加わる。

陳夢はここ2年の間に、国際大会で9回優勝、国内大会で3回優勝しており、世界ランキング1位。孫穎莎はオリンピック予選ランキング2位となっている。

劉穎莎は、2016年のリオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得した団体戦のメンバーで、2019年の卓球選手権では、女子シングルスと混合ダブルスで金メダルを獲得。卓球ワールドカップでは5連覇を達成している。

混合ダブルス:最強タッグ

東京五輪から新たな種目となる混合ダブルスは、東京五輪の卓球の種目で1番初めに金メダルが確定する種目となる予定だ。同種目で金メダルを獲得して勢いに乗れるかが、その後の試合の流れにも大きく影響することになる。

許[日斤]と劉詩●は、中国の男子ダブルスと女子ダブルスで最も技術レベルの高い選手。ペアを組んで以来、何度も公式戦で優勝しており、ライバルである日本の水谷隼/伊藤美誠ペアに対しても3回戦って全勝している。混合ダブルスの責任者・馬琳氏は、「優秀なトップレベルの選手の中から最強選手を選んだ結果、このペアが選出された」と説明する。

補欠には、男子と女子の代表監督らが、シングルス、ダブルスの実力、プレースタイルの特徴などを総合的に比較考慮し、2024年のパリ五輪に向けて経験を積ませる戦略的計画を踏まえ、最終的に王楚欽と王曼▲が選出された。(提供/人民網日本語版・編集/KN)