「東京チカラめし」香港出店へ 東南アジア進出への試金石、店舗激減からの再攻勢なるか

©株式会社ジェイ・キャスト

かつてブームを巻き起こした焼き牛丼チェーン「東京チカラめし」が、2021年6月に香港に進出する。

再成長を占う挑戦ともいえ、運営会社は取材に「このエリアでの成否により、東南アジア近隣諸国への進出への試金石になる」と意気込みを語った。

100店舗超→3店に激減も...

東京チカラめしは、居酒屋チェーン「金の蔵」などを手がける「三光マーケティングフーズ」(東京都新宿区)が運営する。

2011年に東京都豊島区に1号店をオープンすると、焼き牛丼という目新しさが受けてピーク時は100店舗を超えた。情報誌『日経トレンディ』の「2012年ヒット商品ベスト30」にもランクインした。

しかし、急激な出店攻勢でQSC(クオリティー、サービス、クレンリネス)低下を招き、牛肉や米の高騰もあって現在は3店舗のみとなった。

香港1号店は今年6月下旬に、繁華街の旺角に出店する。現地で飲食事業を展開する企業とライセンス契約を結び実現した。

店舗デザインやメニュー構成は日本と同じで、店内は現地の習慣に合わせた設計を検討している。同社は、開店前後のオペレーション教育や、食材・機材の事前チェックなど支援に回る。

16年にも「東京チカラめし」ブランドでフィリピンの首都・マニラに進出していたが、ライセンス契約をした企業の事情などにより2年で撤退していた。

「明るい兆しを感じている状況」

三光マーケはJ-CASTニュースの取材に「このエリアでの成否により、東南アジア近隣諸国への進出への試金石になるため、ライセンス契約モデルにより出店を支援することを決めました」と出店の背景を説明する。香港を皮切りに、東南アジアへ店舗網を広げたい考えだ。

「当社の企業理念である『価値ある食文化の提案』を通じて、『食のチカラで世界中を元気に!』をコンセプトに掲げ、『東京チカラめし』は世界に向けてライセンスパートナー向け加盟の募集を行っています。既に香港以外の地域や国々(インドネシア、台湾、中国、マレーシア等)からもお問い合わせを頂いているため、その中からしかるべきパートナーを選定のうえ、出店していきたいと考えています」

一方、日本国内の現状を問うと、店舗数の激減がかえって従業員の熟達度向上につながり、新しいオペレーション導入や通販などで「徐々にお客様が戻り、回復基調となっていることから、今後の展開については明るい兆しを感じている状況です」と自信を見せた。