熊本市「分散予約」始まる 新型コロナワクチン 18日は80歳以上対象

©株式会社熊本日日新聞社

新型コロナウイルスワクチン接種の電話予約を受け付けるオペレーター=17日午前、熊本市

 熊本市は17日、一般高齢者を対象にした新型コロナウイルスワクチンの第2期接種の予約受け付けを始めた。混乱を避けるため、対象を85歳以上(約3万6千人)に絞った「分散予約」を実施。約3万1600人分の予約枠を用意し、フリーダイヤルと予約専用ホームページで受け付けた。

 市は、65歳以上(約20万3千人)を対象に約4200人分を受け付けた6日の第1期予約の混乱を受け、対象者を絞り込み。予約専用フリーダイヤルも新設し、相談専用の番号と合わせて第1期から30人増の最大120人態勢で臨んだ。

 ただ、17日も開始直後から電話が殺到し、終始つながりにくい状態になった。同日午後3時時点で、9万3872件の電話があり、応答できたのは2908件(受電率3・1%)。同4時時点で、1万7437人を受け付けた。

 市感染症対策課は「電話は人員が限られるため、予約が取りづらい状況だ。かかりつけ医に直接相談するか、ホームページから予約してほしい」と呼び掛けている。

 18日は午前8時半から、80歳以上(約6万4千人)を対象に受け付ける。同日の予約枠は約1万4400人分で、17日の予約枠が埋まらなかった場合は上乗せされる。

 19日以降の予約スケジュールは未定。65歳~79歳の予約時期や方法も含め、後日改めて発表する。

 予約専用フリーダイヤルTEL0120(096)885。市新型コロナワクチンコールセンターTEL096(300)5577。(河内正一郎)