「平和の炎と聖火一つに」、広島

IOC会長、式典へメッセージ

©一般社団法人共同通信社

IOCのバッハ会長

 【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は17日、被爆地の広島市で行われた東京五輪聖火リレーの式典にメッセージを寄せ「聖火は力強い平和のメッセージを広島から東京へ、東京から全世界へと届ける。世界平和を願い、広島の平和のともしびと五輪の聖火を一つにしよう」と呼び掛けた。IOCが公式サイトで伝えた。

 同会長は式典出席などのため今月の来日を計画していたが、東京などで新型コロナウイルスの緊急事態宣言が今月末まで延長となったことを受けて断念した。IOCは宣言解除後の6月以降に来日を再調整する見通しを示している。