大規模接種予約システム改修へ

架空情報入力取材に抗議

©一般社団法人共同通信社

記者会見で質問に答える岸防衛相=18日午前、国会

 岸信夫防衛相は18日の記者会見で、自衛隊が運営する高齢者向け新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターに関し、架空情報を使っての予約を防止する目的で、システムの一部を改修すると明らかにした。取材目的で架空情報を使い予約した朝日新聞出版と毎日新聞に対して「悪質な行為であり、極めて遺憾だ。厳重に抗議する」と述べた。

 東京会場のシステムでは、実在しない市区町村コードや接種券番号を使っても予約可能になっている。岸氏は市区町村コードについて「真正な情報であることが確認できるように改修する予定だ」と語り、早急に対応するとした。

報道陣に公開された新型コロナウイルスワクチン大規模接種センター東京会場の接種スペース=17日、東京都千代田区