入管法改正、今国会断念へ

政府与党、法案取り下げ

©一般社団法人共同通信社

会談に臨む立憲民主、共産、国民民主3党の国対委員長ら=18日午前、国会

 政府、与党は18日、外国人収容と送還のルールを見直すため今国会に提出した入管難民法改正案を取り下げる方針を決めた。施設収容中だったスリランカ人女性死亡事案の映像開示を法務省が拒んでおり、立憲民主党などの野党が反発。採決を強行すれば世論の批判を招きかねないと判断し、今国会成立を断念した。野党はこれを受け、衆院に提出していた義家弘介法務委員長に対する解任決議案を撤回した。

 立民など野党国対委員長は18日、改正案対応を協議。立民の安住淳国対委員長は記者団に、女性死亡事案の映像を遺族に開示しない場合、上川陽子法相への不信任決議案提出を選択肢にすると表明していた。